TOPページ_(・ω・_)

 

 一時でも貴女の髪が触れていたから、なんて。そんな理由は言えないので当たり障りない言葉を選ぶ。彼女は不思議がっていたけれど、どうぞと渡してくれた。(『ヒイラギの木の下で』より)

 

 そう声をかけて、カバーを開ける。彼女の手を握って、顔を覗き込むように近づけて。

 止めていた彼女の時を再び動かすために、装置のスイッチを切った。(『永久の輝きをもう一度』より)

 

 涙が後から後から溢れてきて、頬と枕を濡らしていく。泣いたって何も変わらないのは分かっているけれど。だけど、今だけは、一人で牢獄にいる今だけは。

 誰も見ていないから、泣いてもいいだろうか。(『私にとっては、それだけで』より)

 

【about】

名前:吉華(きっか)

略歴:大学時代より創作活動を開始。本格的に商業作家を目指し始めたのは2021年夏頃から。現在は週三日パート勤務をしつつ執筆をしております。

作風:1ヒーロー1ヒロイン形式の純愛・初恋物語(現代・ファンタジー問わず)や夫婦・恋人同士の二人の甘めの話、親兄弟姉妹や友人との絆・愛情をテーマにした話、ほのぼのな日常を綴った話が多いです。ハッピーエンド至上主義。

  

【各種リンク・SNS】

ツイッター https://twitter.com/kikka_world

アルファポリス https://www.alphapolis.co.jp/author/detail/189809116

カクヨム https://kakuyomu.jp/users/kikka_world

pixiv https://www.pixiv.net/users/75680255

FANBOX https://kikka-world.fanbox.cc/

BOOTH https://kikka-world.booth.pm/

フロマージュ https://www.melonbooks.co.jp/fromagee/detail/detail.php?product_id=1159278

BOOK☆WALKER https://bookwalker.jp/author/187163/

 

 執筆依頼や問い合わせは下記ページよりお願いしますm(_ _)m

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ